最新のお知らせ

Slashdot JapanならびにSourceForge.JP、サイト名称変更のお知らせ
ソフトウェア開発サイト「SourceForge.JP」 2014年のトッププロジェクトを発表

Magazine

米Microsoft、LinuxやOS Xでも利用できるコードエディタ「Visual Studio Code」を発表

 米Microsoftは4月29日、Webおよびクラウドアプリケーション開発に向けたコードエディタ「Visual Studio Code」のプレビュー版を公開した。Visual Studio製品群としては初のクロスプラットフォーム開発ツールであり、WindowsのほかMac OS XやLinuxでも動作する。
開発ツール Microsoft Windows MacOS Linux デベロッパー オープンソース ニュース 末岡洋子
関連記事

Web向けテキストエディタ「Brackets 1.3」リリース、コマンドラインからファイルやフォルダを指定して開くことが可能に

 米Adobe SystemsのBrackets開発チームは4月27日、オープンソースのテキストエディタ「Brackets 1.3」をリリースした。コマンドラインからの起動、Health Reportの実装などの機能が加わっている。
ニュース オープンソース デベロッパー 開発ツール 末岡洋子
関連記事

「Apache Hadoop 2.7」リリース

 大規模データに向けた分散処理フレームワークであるApache Hadoop開発チームは4月21日、「Apache Hadoop 2.7.0」をリリースした。HDFSやYARNなどで機能強化が加わっており、JDKはバージョン7以上が必須となった。
ニュース オープンソース デベロッパー グリッド/クラウド 末岡洋子 Apache Hadoop
関連記事

Gitと連動するWebベースのコードレビューツール「Gerrit 2.11」リリース

 WebベースのGit向けコードレビューシステム「Gerrit」開発チームは4月17日、最新版となる「Gerrit 2.11.0」を公開した。インライン編集機能の強化などが特徴となる。
ニュース オープンソース デベロッパー 開発ツール 末岡洋子
関連記事

「Debian 8.0 Jessie」リリース、systemdを採用

 Debian Projectは4月26日、Linuxディストリビューション「Debian 8.0 (Jessie)」をリリースした。2年ぶりの最新版となり、systemdがデフォルトのinitシステムとなるなど多数の特徴が含まれている。
ニュース オープンソース デベロッパー Linux 末岡洋子
関連記事

Slashdot Japan

Apple Watch、早速ミキサーにかけられて粉々にされる

あるAnonymous Coward 曰く、誰もが予想していたと思うが、ミキサーメーカーblendtecの動画シリーズ「Will it Blend?」にて、Apple Watchがミキサーにかけられて粉々にされている(YouTube)。 過去、iPhone 6 PlusやiPhone 5とGalaxy S3、iPhone 4、iPadなど話題の新製品が出るたびにミキサーで粉砕するデモが行われているため正直予想どおりではあるのだが、Apple Watchは強度が高いという前評判もあり、今度こそは(完全には)粉砕されないのでは、とわずかな希望を持っていた人もいるのではないだろうか。 とはいえ、さすがのBlendtec、ケース部分の粉砕には時間がかかっているようだが最終的にはやっぱり粉々に。ただ、今回は一番安いApple Watch Sportモデルでのテストだったのでほかのモデル(特に18金製のApple Watch Edition)でのテストにも期待したいところである。

すべて読む | アップルセクション | 変なモノ | アップル | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
iPhone 6 Plus、早速ミキサーにかけられて粉々にされる 2014年09月25日
iPhone 5とGalaxy S3の最新スマートフォン対決、先に粉々になったのはiPhone 5 2012年10月18日
iPhone 4、早速ミキサーで粉砕される (小芝居付き) 2010年06月29日
iPad、早速ミキサーにかけられて粉々にされる 2010年04月06日

プログレスM-27M貨物宇宙船、制御不可となり落下する見込み

90 曰く、ロシアが28日に打ち上げたものの、その後交信の確立に失敗していたプログレス59/M-27M貨物機について、日本時間30日の晩にRoscosmos(ロシア連邦宇宙局)が機体喪失を宣言した(NASASpaceflight.com編集者のツイート、ミッション中止を伝えるSpaceflight101のツイート、同じくデブリの範囲を伝えるツイート、Russianspaceweb、 Spaceflight101、 NASASpaceflight、 sorae.jp)。機体は今後数日から数週間で落下して燃え尽きると思われる。 Progress宇宙船は国際宇宙ステーション(ISS)に物資を補給する無人の貨物機で、M-27Mは2トン強の物資を搭載してソユーズ2.1aロケットによりバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。打ち上げは成功したとみられたが、、2周目の交信パスでKursドッキングシステムにアンテナの展開異常が確認され、続く3周目ではテレメトリが途切れ、ドッキングシステムがテストモードに入っていること、カメラ映像から制御を失って回転していることなどが分かっていた。 異常の確認後、姿勢を回復するコマンドの送信や手動操作への切り替えなどが試みられたが、正常な通信を確立することもできず、また分離の1.5秒前よりテレメトリに異常値が出ており、燃料系統の圧力喪失があったとみられることが判明していた。軌道上には打ち上げ機Soyuz 2.1aの第三段とProgress M-27Mのものと思われるデブリが計44個確認されており、近地点153-180km、遠地点172-365kmの軌道を飛行しているという。上段、貨物機ともに地上への回収ができる設計ではなく、近地点も低いため、これらのデブリはすべて数日から数週間で地上へ落下し燃え尽きるとみられている。 Spaceflight101によれば、搭載貨物は燃料、食料、交換部品や実験機材など2,357kg。ISSには現在も別のプログレス貨物機やソユーズ宇宙機が係留されており、緊急事態があれば滞在中の飛行士はISSを放棄してソユーズ宇宙機で帰還することもでき、また今後4ヶ月分の資材が備蓄されているため、直ちに危険はない。 ISSにドッキングできる宇宙機は現在ソユーズ、プログレスのほかSpaceXのドラゴンとJAXAの運用するHTVがあるが、のうち有人飛行が可能なのは機体と打ち上げ機の大部分をプログレスと共有するソユーズのみ。

すべて読む | サイエンスセクション | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
8月22日にソユーズ・ロケットで打ち上げられたガリレオ衛星、予定軌道に乗らず 2014年08月27日
ロシアの新型ロケット「ソユーズ2-1v」、初打ち上げに成功 2014年01月03日
ロシア、プログレスによる ISS への補給を再開 2011年11月01日

JR西、新形式特急289系を導入へ。近畿地区の特急を更新

yasuchiyo 曰く、 JR西日本が、北陸新幹線の開業で余剰となった683系特急電車を289系に形式変更し、京都・大阪と和歌山・南紀を結ぶ特急(くろしお)、北近畿地区を結ぶ特急(こうのとり、きのさき、はしだて)のすべてを置き換えると発表した(JR西日本の発表)。 これまでも新車投入は行われているものの、国鉄時代からの381系がまだ残っている現状から、中古の転属とは言え一応は現在最新クラスの車両で揃えられることになる。 形式が変更されるのは、元の683系が交直両用だったものを直流専用に改造するため。北近畿地区の特急では、かつて483系交直流電車から交流用機器を撤去した車両が運行されていたが、こちらは既存の形式でほぼ同じ車体の183系に編入される形となっていた。今回は車体構造が近い287系はあるものの、制御システムが大きく異なるため別形式とされたのだろう。 まだ運転開始日や運用区間等は未定のようで、決まり次第お知らせするとのことだ。

すべて読む | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
JR東日本205系・南武線120両、インドネシアへ譲渡へ 2015年04月24日
JR東海L0系車両、有人走行で時速590kmの世界記録を達成 2015年04月17日
JR西、「SLやまぐち号」旧型客車を復刻新製へ 2015年04月03日
JR東日本、中央快速線と青梅線にグリーン車導入 2015年02月07日

超音波によるワイヤレス給電技術は有望なのか

maia 曰く、超音波を利用し、約4.5mの距離での送電が可能という無線送電システム「uBeam」がTechCrunchで紹介されている。衝撃的な話のようだが、uBeamは2014年8月にGIGAZINEでも取り上げられている。また、2011年6月にEngadgetでも紹介されている。 超音波電力伝送技術は釧路高専など日本でも研究されているようだ。 uBeamはまだ製品化されてはいないが、プロトタイプの製品は作られており、受信機が小型かつ低価格、安全である、超音波でのデータの送受信も可能、といったメリットがあるという。

すべて読む | テクノロジー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
JAXA、マイクロ波送電の実証試験を3月に計画 2015年02月25日
スマホに指向性光ビームを照射して充電するシステム、Microsoft Researchが開発 2015年01月21日
無線LANの電波から電力を取り出して利用する試み 2014年08月07日

海上自衛隊の救難飛行艇US-2、高知沖で遭難。乗組員は全員救助

usagito 曰く、海上自衛隊の救難飛行艇US-2が高知県の足摺岬沖で訓練中に高波を受けた。エンジン4基のうち1基が脱落、フロートも破損したという(読売新聞)。 日テレの空撮映像では、機首を海に突っ込んで機体が逆立ちしている状態がうかがえる。乗員19人は全員が救命ボートで脱出、近くを航行中の船に救助されたという。

すべて読む | 日本 | 軍事 | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」就役 2015年03月28日
水陸両用飛行艇の輸出活動を本格化 2012年05月02日
国産飛行艇US-1A改、世界へ 2005年05月31日

最新リリース

Awars III 改めAwars IVの開発中の物 - Awars IV 0.5a / Awars IV

Awars IIIは正式にアンドロイドで発表されたので、

Awars III改めAwars IV intel Mac版を開発したいと思いますニョロ

現在進捗率50%。。。

CrystalDiskMark - 4.0.0 / CrystalDiskMark

各種ストレージ(HDD, SSD, USBメモリなど)の読み書き速度を測定するベンチマークソフトです。

D2iP - 2015-04-30 / D2Frameworks

DoJa風のアプリの流れ、イベント処理、グラフィック処理でAndroid・DirectX・Flash・HTML5・iPhoneアプリを作成できるフレームワークD2A・D2DX・D2F・D2JS・D2iPのプロジェクトです。

KancolleSniffer - KancolleSniffer-4.10 / KancolleSniffer

KancolleSnifferは、艦これのサーバーとブラウザの間の通信をキャプチャして、艦娘の状態やタイマーなどを表示するツールです。

詳細はkancollesniffer.sourceforge.jpを参照してください。

Remote-Hand rasberry_pi - 0.10 / もっと早くもっとクールにリモートで解決!

サーバ・ネットワークの実験が超簡単に出来るように1CDLinuxとツール&ドキュメントを開発しています。

『もっと早くもっとクールにリモートで解決!』がテーマのPepoLinuxです。

コマンドを入力したらCDドライブの読み込みが終わるまで反応がないようなイライラを 出来るだけ減らし、メモリ容量に合わせ起動モードを自動的に選択、512B以上の場合全てオンメモリで動作します。

あの複雑なLinuxの設定ファイルも日本語解説付きで1つにまとめ、WindowsのWordPadなどで簡単に設定できます。