最新のお知らせ

ソフトウェア開発サイト「OSDN」 2015年のトッププロジェクトを発表
OSDNの根幹ポリシーと三点の方針変更について

OSDN Magazine

2要素認証を強化した「ownCloud 9.1 CE」が公開

 ownCloudは7月21日(ドイツ時間)、オープンソースのオンラインストレージ/ファイル共有ソフトウェアの最新版「ownCloud 9.1 Community Edition」を公開した。2要素認証の実装を変更したほか、ワークフローエンジンなども強化した。
ニュース オープンソース デベロッパー ストレージ 末岡洋子
関連記事

「BitKeeper 7.3」リリース

 分散型ソースコード管理システム「BitKeeper」開発チームは7月13日、最新版となる「BitKeeper 7.3 CE」を公開した。オープンソース化されてから初めてのマイナーアップデートリリースとなる。新しいコマンドが2種類加わったほか、土台のコードの整理を進めた。
ニュース オープンソース デベロッパー SCM 開発ツール 末岡洋子
関連記事

「Apache HBase 1.2.2」リリース

 Apache HBase開発チームは7月18日、オープンソースの分散型非リレーショナルデータベース「Apache HBase 1.2.2」を公開した。最新の安定版となる。
ニュース オープンソース デベロッパー グリッド/クラウド データベース ストレージ 末岡洋子
関連記事

オープンソースのモニタリングツール「Prometheus 1.0」リリース

 オープンソースのシステム・サービスモニタリングツール「Prometheus」開発チームは7月18日、「Prometheus 1.0」を公開した。
ニュース オープンソース デベロッパー グリッド/クラウド 管理/監視 末岡洋子
関連記事

Qt、組込向けのWebブラウザ「Qt WebBrowser」をオープンソースで公開

 Qt Companyは7月18日、「Qt WebBrowser」(開発コード「Roadtrip」)をオープンソースで公開したことを発表した。同社がチーム内の実験に利用していた、Chromiumベースの組み込みデバイス向けWebブラウザをベースとしている。
ニュース オープンソース デベロッパー Linux 組み込み 末岡洋子
関連記事

スラド

EFF、DMCAの迂回禁止条項は憲法違反だとして米政府を訴える

Electronic Frontier Foundation(EFF)は21日、米国のデジタルミレニアム著作権法(DMCA) 1201条が言論の自由を規定する合衆国憲法修正第1条に違反するとして、米政府を相手取った訴訟を提起した(プレスリリース、 訴状、 The Vergeの記事、 The Guardianの記事)。 EFFによれば、表向き音楽や映画の海賊行為と戦うために規定されたDMCA 1201条(技術的保護手段の迂回禁止条項)だが、ソフトウェアを含めて著作権保護された物へのアクセスや使用を制限し、それについて広く意見を述べることさえ制限しているという。たとえば、人々が自ら所有する機器を修理することや動画を複数のプラットフォームで再生可能すること、コンピューターや自動車、医療機器のセキュリティ上の欠陥を独自に調査することなどが制限されている。また、このような物にアクセスしたり、使用したりするためのツールを作成することも犯罪とみなしているとのこと。 EFFでは、著作権法が修正第1条と調和する必要があるとして、この裁判で迂回禁止規定や迂回のための装置の譲渡を禁じる規定が修正第1条に違反することの確認などを求めている。

すべて読む | YROセクション | YRO | 法廷 | 著作権 | EFF | アメリカ合衆国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
電子フロンティア財団曰く、米DMCAはVW事件のような意図的な隠蔽を助長する 2015年09月30日
古いゲームを改造して動かせるようにすることを認めさせる動きに対しゲーム業界が反発 2015年06月26日
自動車のエンジンコントロールユニット改造は所有者の権利か 2015年04月26日
EFF、サービスの終了したゲームを保存するための改造をDMCAの例外とすることを求める 2015年04月12日
EFF、あらゆるデバイスに対し脱獄合法化を要求 2011年12月09日
DMCAに例外追加、Jailbreakなどが合法に 2010年07月27日

仏裁判所、アーティスト名と「torrent」の組み合わせを一律に検索結果から削除すべきではないと判断

GoogleとBingのWeb検索結果からアーティスト名と「torrent」を組み合わせたリンクの削除をフランスの音楽業界団体 SNEPが求めていた2件の裁判で、削除を一律に行うべきではないとの判断をパリの大審裁判所が示している(TorrentFreakの記事、 Next INpactの記事、 BetaNewsの記事、 The Registerの記事)。 2件の裁判はSNEPがフランスのアーティスト3名の代理としてGoogleとMicrosoftをそれぞれ訴えたもので、検索語句に各アーティストの名前と「torrent」を組み合わせた場合、検索上位の多くは海賊版に関連するものであると主張。各アーティスト名を検索した場合の検索結果からドメイン名に「torrent」を含むWebサイトを除外することと、検索語句に「torrent」と各アーティスト名を組み合わせた検索結果を除外することなどを求めていた。 これに対して大審裁判所では、「torrent」という単語は英語・フランス語ともに(「急流」といった意味の)普通名詞であり、必ずしも海賊版とは結び付かない点や、BitTorrentが合法的なファイルダウンロードに使われることもある点を指摘。「torrent」とアーティスト名の組み合わせを一律で検索結果から除外してもユーザーが制限を迂回して検索することが可能な一方、合法的なリンクが除外されてしまう可能性もあるなどとして、SNEPの主張を退けた。

すべて読む | YROセクション | YRO | 法廷 | EU | 海賊行為 | 著作権 | 音楽 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
フランス・パリ控訴院、Facebookとフランス市民の係争はフランスの裁判所で審理すべきとの判断 2016年02月14日
仏裁判所、子供の名前に「Nutella」は不適切と判断 2015年01月31日
フランス政府、2000年以前の絶版書をデジタル化する権利を強制的に取得 2012年03月02日
仏裁判所、Googleに書籍の電子化中止を命じる 2009年12月21日
違法ダウンロード規制法、フランスで成立 2009年09月24日
BitTorrent が「著作権侵害にもっとも使われているクライアント」と認定される 2009年06月11日
インターネットでの著作権侵害に対する「スリーストライク法」、仏議会で可決 2009年05月14日
サルコジ大統領の政党、著作権侵害は故意ではないとインディーズバンドに1ユーロをオファー 2009年03月04日
SourceForge.net、著作権法違反幇助の疑いで仏音楽団体に訴えられる 2008年11月19日
仏裁判所、偽ブランドバック販売でeBayに罰金を科す 2008年06月06日
フランス大統領侯補らのフリーソフトウェアに対する姿勢 2007年04月28日
フランスで、リバースエンジニアリング&内容公開禁止の判決 2005年03月10日

Kickass Torrentsの所有者とみられる人物がポーランドで逮捕、サイトはダウン

caret 曰く、米司法省は20日、Kickass Torrents(KAT)の所有者とされる「tirm」ことウクライナ出身のArtem Vaulin氏を著作権侵害など4件の容疑で刑事告発(PDF)し、関連するドメインの差し押さえを行ったと発表した(プレスリリース[1]、 [2]、 TorrentFreakの記事[1]、 [2]、 TechCrunch Japanの記事)。 KATは月間のユニークビジターが5,000万人を超える世界最大級のBitTorrentトラッカーサイト。告発容疑は著作権侵害の共謀1件、資金洗浄の共謀1件、著作権侵害2件となっている。シカゴの連邦地裁では、KATに関連するドメイン7件のほか、銀行口座1件の差し押さえを命じている。 Vaulin氏は同日、ポーランドの当局により逮捕されており、米政府は身柄の引き渡しを求める予定だ。身柄引き渡しが実現すれば、米国で逮捕・起訴され、裁判が行われることになる。 KATは世界各地にサーバーを置き、ドメイン差し押さえや民事訴訟などを理由としてドメインを繰り返し移転してきた。告発状を書いた米国土安全保障省の特別捜査官は2010年から捜査を進めており、Vaulin氏のApple IDでiTunesにアクセスしたのと同じIPアドレスからKATのFacebookアカウントにログインしたことがAppleの情報開示により確認されている。また、KATの銀行口座に関する情報は、広告主を装って潜入捜査を行った米内国歳入庁(IRS)の特別捜査官が取得したものだという。 なお、KATのメインサイト「kat.cr」やステータスページ「kastatus.com」はアクセスできない状態になっているが、以前のメインサイトだった「kickasstorrents.com」や「kickass.to」などでは差し押さえられた旨が表示される。また、KATのミラー/プロキシサイトが次々に出現し、中には新たな移転先であるかのようにミスリードするサイトもあるようだ。ただし、多くはキャッシュをコピーしただけのものであり、本物のユーザーデータベースのバックアップを保持しているサイトが見つかる可能性よりも、パスワードを盗まれる可能性が高いとしてTorrentFreakが注意喚起している。

すべて読む | YROセクション | 犯罪 | YRO | 法廷 | 海賊行為 | 著作権 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
BitTorrentトラッカーサイトThe Pirate Bay、各種Webブラウザからのブロック対象となる 2016年05月11日
イギリス警察、海賊サイトなどへのアクセスを提供するプロキシサーバー運用者を逮捕 2016年03月29日
カニエ・ウェストをテーマにしたThe Pirate Bayのプロキシサイト「Kanye Bay」 2016年03月11日
ロンドン市警察、自作カラオケを公開していた男性3名を逮捕 2015年12月25日
Internet Archiveに偽の海賊版動画が出回る 2013年09月21日
The Pirate Bay、カリブ海に移転 2013年05月04日
BitTorrentトラッカーサイト「The Pirate Bay」、北朝鮮へ移転?→ネタでした 2013年03月08日
オンライン海賊行為を撲滅できると信じているのは著作権者だけ? 2012年08月06日
The Pirate Bayの遮断後も、オランダでのBitTorrentトラフィックは減少せず 2012年07月08日
Megaupload運営者逮捕、日本のユーザーも安心してはいられない? 2012年01月24日
オンラインストレージMegaupload閉鎖、創業者は逮捕 2012年01月20日

米海軍、海賊版ソフトウェアの使用で訴えられる

米海軍がソフトウェアを大量に不正コピーしたとして、未払いのライセンス料など5億9,630万ドル以上の支払いを求め、ドイツのBitmanagement Software GmbHが米政府を相手取って訴訟を提起した(訴状: PDF、 The Registerの記事、 TorrentFreakの記事、 Consumeristの記事)。 不正コピーされたのは3D地理データを視覚化する「BS Contact Geo」というソフトウェアで、インタラクティブ機能と高品質なグラフィックにより、仮想軍事基地として利用可能だという。そのため、米海軍施設技術部隊(NAVFAC)では大規模な導入に向けたテストを2011年に開始。Bitmanagementの再販業者との間で38本のライセンス契約を結んでいる。大規模導入の準備として海軍から要請を受け、BitmanagementではBS Contact Geoの不正コピー防止機能を削除したとのこと。 BS Contact Geoの機能が海軍の要求を満たすものであったため、NAVFACはBitmanagementとライセンスの交渉を開始したが、交渉中にもかかわらず海軍はBS Contact Geoを数十万台のコンピューターに無断でインストールしたという。2013年10月には海軍のコンピューター104.922台にインストールされたという内容の電子メールがBitmanagementの重役あてに転送されており、現在までに少なくとも558,466台にインストールされていると考えられるとしている。 海軍が不正コピーを開始した当時、BS Contact Geoのシングルライセンス価格は800ユーロ(当時のレートで約1,067ドル76セント)であり、これによる損害額は少なくとも596,308,103ドルにおよぶ。数年にわたり、Bitmanagementは問題を解決すべく海軍との交渉を繰り返し試みてきたが、ライセンス料の支払いは一切行われていないという。 著作権侵害に対して厳しい態度をとる米政府だが、米軍がソフトウェアの不正使用で訴えられるのは初めてではない。2013年にはApptricityの兵站管理用ソフトウェアを契約数よりも多くインストールしたとして、米軍が5,000万ドルを支払うことで合意に達している。

すべて読む | ITセクション | 軍事 | YRO | ソフトウェア | 海賊行為 | アメリカ合衆国 | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
映画の海賊版を販売して実刑判決を受けた米国の男性、矯正施設での海賊版上映をやめさせる 2014年05月24日
米軍がソフトウェアの不正使用を認め、5,000万ドルの支払いに合意 2013年11月30日
第二次世界大戦の退役軍人、イラクやアフガニスタン駐留の米兵に30万枚の海賊版DVDを送る 2012年04月30日
海賊版所持調査で学生100人のコンピュータを押収 2002年11月27日
不正も豪快なペンタゴン 2001年07月31日

「Windows 10 を入手する」アプリで無償アップグレード終了までのカウントダウンが始まる

Windows 10の無償アップグレードキャンペーンが終了する7月29日を前に、「Windows 10 を入手する」アプリ(GWX)でキャンペーン終了までのカウントダウンが始まった(InfoWorldの記事、 BetaNewsの記事、 Softpediaの記事、 Neowinの記事)。 GWXでの選択肢は「今すぐアップグレード」と「無償アップグレードを辞退する」の2種類。無償アップグレードを辞退するとWindows 10アップグレードに関する通知は表示されなくなると説明されているが、GWXの常駐は解除されなかった。また、通知領域のGWXアイコンをクリックしたときの表示も変更されないようだ。 カウントダウンの表示は現在のタイムゾーン設定で7月29日23時59分59秒までの残り時間を示しているようで、タイムゾーンを変更すると残り時間も変動する。カウントダウン自体は無償アップグレードまでの残り時間が10日を切った7月20日0時に開始されたようだ。なお、GWXをインストールするKB3035583は7月19日付で更新されているが、更新前のバージョンでもカウントダウンは表示された。更新されたバージョンの通知アイコンはWindowsマークに警告マークがオーバーレイされたものになっている。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | OS | Windows | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
米国およびカナダのMicrosoft Store、その日のうちにWindows 10にアップグレードできなければノートPCをプレゼントするキャンペーンを実施 2016年07月16日
Microsoft、Windows 10の無料アップグレード期限をフルスクリーン表示するツールを配信 2016年07月02日
「Windows 10を入手する」アプリが再び変更される 2016年07月01日
Windows 10 Anniversary Updateは8月2日に提供開始 2016年06月29日
米裁判所、MSに「Windows 10への意図しない更新で仕事に支障をきたした」利用者への1万ドルの支払いを命じる 2016年06月28日
SP1未導入のWindows 7やWindows 8に対してもWindows 10へのアップグレード通知を表示へ 2016年06月13日
Windows10への無償更新に関する質問主意書、「(是非を)答えることは困難」と閣議決定 2016年06月09日
中央アフリカ、Windows 10の強制アップグレード開始で密猟者から攻撃を受けているレンジャーに指示が出せず 2016年06月05日
Get Windows 10(GWX)アプリはMicrosoftのアプリガイドラインに違反している? 2016年06月01日
Microsoft、ユーザーからのフィードバックを受けてWindows 10へのアップグレード画面を「改善」 2016年05月17日
Windows 10へのアップグレード、7月29日までにする?しない?もうした? 2016年05月07日
米テレビ局、気象情報の生放送中に「Get Windows 10」画面が表示されるアクシデント 2016年04月29日
Windows 10への無償アップグレード、期間延長は絶対にない 2016年04月28日
Windows 10一般リリース、アップグレードエラーの発生も報告される 2015年07月30日
Windows 10は7月29日リリース、Windows 7/8.1ユーザーに対する無料アップグレードの通知も始まる 2015年06月02日
Windows7/8.1の更新プログラム「KB3035583」は広告を表示させるためのものだった? 2015年04月09日

最新リリース

skf - 2.00.5 / skf - simple kanji filter

nkf 1.4 互換の、国際化された漢字フィルタです。CJK 他、KOI-8,KEIS などの非 iso-2022 コードセットに対応しています。また、recode 相当の TeX/SGML/Docbook 向けのサニタイズ機能を含んでいます。1.99/2.00 が安定版です。

Valkyrie SRX - 16.10 / Valkyrie SRX

http://osdn.jp/projects/nightmare(ISOダウンロード)
http://nightmare.osdn.jp/src/(ソースコード)
http://takabrk.seesaa.net(更新情報・開発状況)
http://nightmare.osdn.jp/valkyriedocs/index.html(使い方)
Valkyrie SRXは、Linuxディストリビューション「Ubuntu14.04 LTS」をベースに開発した64bit OSです。

デスクトップ環境は、ウィンドウマネージャーのOpenboxをベースにデスクトップ環境「Xfce」用アプリケーションなどで構成しています。
Linuxカーネルは、低レイテンシ版Linuxカーネル4.2を搭載しています。
プログラミング・オフィス文書作成・イラストレーション・画像編集・動画エンコード・音楽再生・3Dモデリング・オンラインサービスの利用・古いWindowsアプリケーションの利用など多彩な用途で使えるように設計しています。
UEFI・BIOSモードでLiveUSBやハードディスクへのフルインストールでの起動が出来るようになっていますので、ほとんどのマザーボードに対応しています。

32bit版も公開しており、64bit版のスペック(x86 64プロセッサで無い、搭載メモリが4GB未満)に到達しないマシン向けのOSとなっています。
64bit版よりも大型アプリケーションをいくつか削除する事でISOサイズを減らし、CD-Rに焼きこめるようにしています。

Viper Toolsは、様々な機能を追加したり、利用したり出来るUbuntu系Linuxディストリビューション向けのPythonアプリです。
アプリケーションの追加、tmpfsを使ったRAMDISKの追加、Ubuntuシステムへのファイル追加、システム起動音の変更、数字式宝くじの予想、競艇の予想、アニメーションSVGの作成、PNGからJPEGへの一括変換、コンピューターに喋らせるといった機能を搭載しています。
http://nightmare.osdn.jp/viperdocs/index.html(使い方)

自動更新用ファイル - 1.99a-20160723 / FFFTP

FFFTPは、2ペイン型のFTPクライアントソフトです。ローカルのフォルダとFTPサーバー側のディレクトリを同期させるミラーリング機能や漢字コードの変換機能、ファイアウォールやSOCKS、ワンタイムパスワードへの対応といった機能を備えています。

Berry Linux - Berry Linux 1.23 / Berry Linux

CD/USBブート可能なマルチメディアLinuxです。簡単にインストールすることができます。
RedHat社のFedoraをベースに、最新の技術を取り入れています。

lll-jou - 1.1.4 / myTeXpert

TeX / LaTeX を使い始めた初学者に有益だと思われる対話システムの配布と LaTeX のマニュアルを配布することを目的としています.そのほか、有益だと思われるコンテンツを Wiki に集約します。