最新のお知らせ

OSDN株式会社の事業を株式会社アピリッツへ譲渡した件へのメッセージ
ソフトウェア開発サイト「OSDN」 2018年のトッププロジェクトを発表

OSDN Magazine

オープンソースのパケットアナライザ「Wireshark 3.6」が公開

 Wireshark Foundationは11月22日、オープンソースのネットワークプロトコル解析ソフトウェアの最新版となる「Wireshark 3.6.0」を公開した。
ニュース セキュリティ ソフトウェア ネットワーク 末岡洋子

分散型ソフトウェアビルドシステム「Pants 2.8」

 米Toolechainは11月18日(米国時間)、分散型ソフトウェアビルドシステムの最新版となる「Pants Open Source Build System 2.8」を発表した。
ニュース デベロッパー 末岡洋子 ビルドツール

PHP開発コミュニティがPHP Foundationを立ち上げ

 PHP開発コミュニティは11月22日、PHP言語の開発母体として非営利団体PHP Foundationを立ち上げることを発表した。メンテナーの変更に影響を受けることなく長期的に言語の開発を継続することを目指す。すでに約10社が支援に加わっている。
ニュース 団体 末岡洋子 PHP

「Kotlin 1.6」が公開、Kotlin/Nativeメモリマネージャが導入

 チェコJetBrainは11月16日、オブジェクト指向プログラミング言語の最新版となる「Kotlin 1.6.0」を公開した。
ニュース デベロッパー プログラミング 末岡洋子 Kotlin

分散ファイルシステム「Gluster 10」が公開

 The Gluster Communityは11月17日、オープンソースの分散ファイルシステムの最新安定版となる「Gluster release-10」を発表した。
ニュース ストレージ 末岡洋子 ファイルシステム

スラド

音楽のシャッフル再生、利用してる?

Spotify が英歌手アデルの要請を受け、プレミアムアカウントのユーザーを対象にアルバムのデフォルトだったシャッフル再生を廃止したそうだ (The Verge の記事、 BetaNews の記事、 Mashable の記事、 アデルのツイート)。 シャッフルの廃止はアデルがアルバム「30」のリリースに合わせて要請したものだといい、当人曰く業界を変える初めてのリクエストだったとのこと。Spotify によればデフォルトのシャッフル再生廃止はユーザーとアーティストの両方から長年にわたり要望があったもので、プレミアム機能としてロールアウトしていくそうだ。シャッフル機能が使えなくなるわけではなく、再生を開始してからシャッフルを有効化することは可能とのことだ。 Spotify のフリープランではシャッフル再生のみに機能が制限されているが、なぜプレミアムプランでもシャッフル再生がデフォルトになったのだろう。Spotify に限らず、スラドの皆さんは音楽のシャッフル再生を利用しているだろうか。

すべて読む | Slashdotに聞けセクション | 音楽 | スラドに聞け! | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Spotifyがついに日本に上陸、本日より招待制でサービス開始 2016年09月30日
どんな曲もスウィングにしてしまう「Swinger」 2010年06月03日
iPod世代がカセットウォークマンを使ってみると? 2009年07月01日
Apple、外観が一新され新機能も追加されたiPod shuffle新モデルを発表 2009年03月11日

イタリア当局、アカウントに結び付けて取得した個人情報の利用に関してGoogleとAppleに各1千万ユーロの制裁金

イタリアの競争・市場保護委員会 (AGCM) は 11 月 26 日、Google と Apple によるユーザーデータの取得と利用が消費者保護法に違反するとして、それぞれ 1 千万ユーロの制裁金を科すと発表した (プレスリリース)。 違反内容は収集するユーザーデータの商用利用に関する十分な情報を提供していないことと、強引なユーザーデータ取得を行っていることだ。制裁金 1 千万ユーロはこれらの違反に対する上限額だという。 Googleはアカウント作成時とサービス利用時に収集したユーザーデータを商用利用することについて、ユーザーが意識して許可するのに必要な情報を提供しておらず、アカウント作成時にはユーザーデータの商用利用を許可するオプションがデフォルトで選択されているとのこと。 一方、Apple は Apple ID 作成時やオンラインストア利用時に収集したユーザーデータがエクスペリエンスとサービス改善に必要だと述べるのみで商用利用に関する情報を提示せず、ユーザーデータの商用利用時にはユーザーの承認を求めるものの、選択肢はサービスを利用するかデータの商用利用を許可するかのいずれかに限られるとのことだ。

すべて読む | YROセクション | ビジネス | Google | EU | 法廷 | 広告 | アップル | 政府 | プライバシ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
イタリア当局、マーケットプレイス出品者を制限していた Amazon と Apple に計 2 億ユーロ以上の制裁金 2021年11月27日
イタリア当局、iPhoneの防水機能に関する宣伝と製品保証についてAppleに1,000万ユーロの制裁金 2020年12月01日
イタリア当局、Google・Apple・Dropboxの不公正なビジネス習慣と消費者に不利な利用規約を調査開始 2020年09月08日
フランス当局、バッテリーの劣化したiPhoneの意図的なパフォーマンス低下問題でAppleに2,500万ユーロの罰金 2020年02月15日
Apple、iPhoneのパフォーマンス低下問題で当局から命じられた声明文をイタリア版サイトに掲載 2019年02月15日
イタリア当局、スマートフォンのパフォーマンスを意図的に低下させたとしてAppleとSamsungに罰金 2018年10月27日
イタリア当局、スマートフォンのソフトウェアアップデートによるパフォーマンス低下問題でSamsungとAppleの調査を開始 2018年01月21日

WSATools が Microsoft Store から一時削除された理由、その一つは名称だった

先日 Microsoft Store から一時削除され、その後復活した「WSATools」の削除理由の一つは、やはり名称が問題視されたことだったようだ (Simone Franco 氏のブログ記事、 Neowin の記事)。 WSATools は Windows Subsystem for Android でアプリのサイドローディングを容易にするアプリ。開発者の Simone Franco 氏は削除に正当な理由があったと述べていたが、具体的な内容は説明していなかった。 Franco 氏によれば WSATools には Microsoft Store からの削除理由となったルール違反が 2 点あり、その 2 つ目が名称なのだという。「WSATools」の「WSA」は Windows Subsystem for Android (WSA) を示し、Microsoft は商標登録していないにしてもサードパーティアプリでの名称使用は好ましく思っていないとのこと。 1 つ目のルール違反は明確に説明されていないが、そもそも WSATools は一般公開されない代わりに認定条件の緩いプライベート対象のアプリとして Microsoft Store に登録されており、一般公開しようとしたが却下されていたそうだ。プライベート対象アプリは指定したユーザーアカウントのみ Microsoft Store アプリに表示されるが、リンクを知っていれば誰でもインストールできる。 そこで Franco 氏はプライベートのままで多くの人にダウンロードしてもらうべく、自らリンクをリークした。この作戦は成功したが、2 日後には追加の認定プロセスが走り、アプリは削除されることになる。しかし、Franco 氏が受け取った認定プロセスの報告書には何も書かれておらず混乱を呼んだが、のちに手違いであったと Microsoft から説明されたとのこと。 現在では再びプライベート対象アプリとして Microsoft Store で公開されているが、ルール違反はプライベート対象なら問題なかったのに追加の認定プロセスが誤って削除してしまったということなのだろうか。いずれにしても 2 つのルール違反を修正しさえすれば WSATools を一般公開できると Franco 氏は述べている。

すべて読む | デベロッパーセクション | マイクロソフト | ソフトウェア | スラッシュバック | Windows | デベロッパー | Android | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Windows Subsystem for Android でアプリのサイドローディングを容易にするアプリ、Microsoft Store に復活 2021年11月17日
Windows 11 の Android アプリサポート、米国の Windows Insider Beta チャネルでテスト開始 2021年10月22日
Windows Subsystem for Android、Microsoft Store に登場 2021年09月06日
Microsoft StoreにThunderbirdの野良ビルドが登録される 2019年06月12日
MicrosoftがYouTubeに投稿したWindows Terminalの紹介動画、著作権侵害で一時削除される 2019年06月02日
Microsoft Store、名称に「Windows」を含むサードパーティアプリを禁止? 2018年02月24日

PS5 のサイドパネルのデザイン特許をソニーが米国で取得、カスタマイズ用純正サイドパネルは発売されるか?

ソニーが米国で PS5 のサイドパネルのデザイン特許を取得したことで、カスタマイズ用の純正サイドパネルが発売されるのではないかと期待されている(United States Patent D936,149、 The Verge の記事、 、 SlashGear の記事)。 PS5のサイドパネルはユーザーが容易に取り外し可能な構造になっているが、サードパーティが発表したオリジナルと同形状の交換用サイドパネルはソニーが法的措置をちらつかせて発売を中止させている。そのため、Dbrand のように全く異なる形状のサイドパネルを発売しているところもある。 「Cover for electronic device」と題されたこのデザイン特許は PS5 発売に先立つ昨年 11 月 5 日に出願、今年 11 月 16 日に登録された。ソニーは日本でも「電子計算機用演算制御機のカバー部品 」として同様の意匠登録 (意匠登録1686862、 意匠登録1686932) を行っている。 日本での意匠登録は昨年 5 月出願、今年 5 月登録となっており、「電子計算機用演算制御機の筐体の一部を構成しており、取り外して別のカバー部品と交換することができる」と説明されている。

すべて読む | YROセクション | ハードウェア | パテント | Sony | ゲーム | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
SIE、公式ブログでPlaystation5の分解動画を公開 2020年10月08日
PlayStation 5の発売日が11月12日に決定。光学ドライブ有りが4万9980円、無しが3万9980円 2020年09月17日
ソニー、PlayStation 5の外観を初公開 2020年06月13日

イタリア当局、マーケットプレイス出品者を制限していた Amazon と Apple に計 2 億ユーロ以上の制裁金

イタリアの競争・市場保護委員会 (AGCM) は 11 月 23 日、Amazon と Apple が協定を結び、Amazon.it で Apple 製品の販売が可能な小売業者を制限していたとして、両社に対する制裁措置を発表した (ニュースリリース、 Mac Rumors の記事、 The Register の記事、 9to5Mac の記事)。 AGCM によると両社が協定を結んだのは 2018 年。協定により、Appleの正規販売店プログラムに参加しない Apple / Beats ブランド製品の販売業者を Amazon.it のマーケットプレイスから排除したほか、Apple が選んだ業者のみが出品できるようにしたという。 これにより正規の製品を仕入れて販売する業者であっても Apple に認定されなければ Amazon.it を利用できなくなり、競争が阻害された。Apple と Amazon は複数の国で同様の協定を結んで国別の出品者制限も行っており、AGCM ではドイツやスペインの競争当局と協力して調査を進めたとのこと。 制裁金額は Amazon が 6,870 万ユーロ、Appleが 1 億 3,450 万ユーロで、正規の Apple / Beats ブランド製品を販売する小売業者を差別することなく Amazon.it の利用を可能にすることも命じている。 これに対し Apple は顧客が正規の製品を購入できるようにするための措置だと主張し、Amazon は協定により同社の利点がないことを主張しているとのことだ。

すべて読む | アップルセクション | ビジネス | 法廷 | EU | アップル | 政府 | お金 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
EC サイトの製品レビューを評価する Fakespot の iOS アプリ、Amazon の要請に応じて App Store から削除される 2021年07月20日
イタリア当局、iPhoneの防水機能に関する宣伝と製品保証についてAppleに1,000万ユーロの制裁金 2020年12月01日
米Amazon、偽物対策専門ユニットを設立 2020年06月27日
米Amazon、ブランドが偽物を容易に排除可能にするサービス「Project Zero」を発表 2019年03月02日
Amazonマーケットプレイスの偽レビュー問題、☆5レビューを集めたあとに商品を変更する手口が確認される 2018年08月06日
米Amazon.comが偽物対策としてロゴや知的所有権を登録するシステムを導入へ 2017年03月23日
Apple製充電器の偽造品の99%は安全性に問題ありという調査結果 2016年12月07日
Apple調べ、Amazon.comのApple純正充電器・ケーブルはAmazon.comが直接販売しているものも含めて大半が偽物 2016年10月22日
ドイツのサンダルメーカー、中国製偽造品の横行を受けて米Amazonから撤退、直販のみに切り替え 2016年07月26日
iPhoneの充電器が原因の感電死事件、「純正品」にも危険あり? 2013年07月29日
イタリア当局、アカウントに結び付けて取得した個人情報の利用に関してGoogleとAppleに各1千万ユーロの制裁金 2021年11月27日

最新リリース

all-in-one - 5.3 / 日本語版Squeak

日本語ローカライズ、パッチの適用を行ったSqueak

gpxviewer - Version 2.3 / GPX Viewer

GPX Viewer is an application for viewing GPX files as a list of points and tracks. It also allows one to draw a configurable track profile with captioned points and save it in different formats or to view track statistics.

Have a look at wiki pages for installation details.

x2-lineage-18.1 - lineage-18.1-20211112 / zgmn-x2-s2-lineage-unofficial

x2-lineage-17.1 device trees:

https://github.com/zhaoguomanong/android_device_leeco_msm8996-common/tree/lineage-17.1

https://github.com/zhaoguomanong/android_device_leeco_x2/tree/lineage-17.1

https://github.com/zhaoguomanong/android_kernel_leeco_msm8996/tree/lineage-17.1

https://github.com/zhaoguomanong/proprietary_vendor_leeco/tree/lineage-17.1


s2-lineage-17.1 device trees:

https://github.com/zhaoguomanong/android_device_leeco_s2/tree/lineage-17.1

https://github.com/zhaoguomanong/android_kernel_leeco_msm8976/tree/lineage-17.1

https://github.com/zhaoguomanong/proprietary_vendor_leeco/tree/lineage-17.1

goki-check - well,practical / goki-check

現行の画像に関するツールセットや機械学習の補助となるように作られたライブラリ群です。バグレポートは歓迎されます。

CrystalDiskInfo - 8.13.0 / CrystalDiskInfo

CrystalDiskInfoは、一部の USB 接続や Intel RAID, NVMe に対応し、ディスクに異常があればメールや音声で通知してくれるHDDとSSDに対応したディスク ユーティリティです。型番、容量、バッファサイズといった情報に加えて、電源投入回数、使用時間、温度などのS.M.A.R.T.情報を取得し、ディスクの健康状態を監視します。

wackowiki - 6.1.3 / WackoWiki

Wacko Wikiは、軽量で便利なWikiエンジンです。機能:完全なリビジョン管理、リビジョン間の強力な差分、ページごとのアクセス制御リストによるアクセス制御、編集内容、統合されたページコメント機能、ページ監視-変更/コメントに関するメール通知、デザインテーマ(スキン)サポート、ページまたはグローバルごとのアップロード、クラスター-相対アドレス指定、目次の自動生成、時間の入力ミスの即時修正-仕様。文字、完全に多言語

WackoWikiは、軽くて簡単にインストールできる多言語Wikiエンジンです。WYTIWYG編集、ページ権限(ACL)、デザインテーマ(スキン)、ファイルのアップロード、電子メール通知などをサポートします。PHP 7.3 - 8.0およびMariaDB / MySQLと互換性があります。

完全なリビジョン管理 リビジョン間の強力な差分 ページごとのアクセス制御リストによるアクセス制御 あなたが考えることはあなたが得るものです 統合されたページのコメント機能 変更/コメントに関するページ監視とメール通知 デザインテーマ(スキン)のサポート ページごとまたはグローバルごとのアップロード クラスターと相対アドレッシング 目次の自動生成 時間通りのタイプミスとスペックのオンザフライ修正。キャラクター 完全に多言語 URIルーター テンプレートエンジン セッションハンドラー

azul-keyring - 20211121-1.1 / azul

= Unofficial repository for Arch Linux =

Wiki index: https://osdn.net/projects/azul/wiki/TitleIndex

How to install azul repository: https://osdn.net/projects/azul/wiki/How%20to%20install%20azul%20repository

Content of the repository: https://osdn.net/projects/azul/storage/

Gitlab page: https://gitlab.com/azul4

alonsoj-nusantara-s2 - 10 / alonsoj-nusantara-s2

Nusantara for the LeEco Le 2

hanhlinux-iso - v1.3-testing / Hanh Linux ISO

Hanh Linux official ISO download site on OSDN.

Hanh Linux is a fast, lightweight Linux distribution. It is built from scratch with musl libc and non-GNU components by using mussel.

Currently, the ISO file is in testing stage.

Toolchain script (by firasuke): https://github.com/firasuke/mussel

generic-p0 - well,omake / generic-p0

データ自身に左右されない汎用予測機です。 この予測器は元のデータがルベーグ積分可能な事、及び統計的な外れ値が存在しないことを仮定します。また、このプログラムは元の関数の任意の階差とその逆に同じ意味を持たせるために連続性を向上させる諸関数は実装されていません。 バグレポートは歓迎されます。