最新のお知らせ

ソフトウェア開発サイト「OSDN」 2016年のトッププロジェクトを発表
OSDN、サイトドメイン変更のお知らせ

OSDN Magazine

「DragonFly BSD 5.0」がリリース、HAMMER 2を早期サポート

 DragonFly BSD開発チームは10月16日、最新のメジャーリリースとなる「DragonFly BSD 5.0」を公開した。最新のファイルシステム「HAMMER 2」を実験的にサポートした初のリリースとなる。
ニュース オープンソース デベロッパー 末岡洋子
関連記事

GoogleやIBMなどがコンテナとマイクロサービス向けのメタデータAPIプロジェクト「Grafeas」を発表

 Google、米IBMらは10月12日、メタデータ情報の保存、検索のためのオープンソースのAPI仕様「Grafeas」を発表した。これを利用することで、マイクロサービスを利用したソフトウェア構築を安全にできるとしている。
ニュース オープンソース デベロッパー グリッド/クラウド 末岡洋子
関連記事

オープンソースのファイアウォール向けOS「pfSense 2.4.0-RELEASE」リリース

 米Netgateは10月12日、オープンソースのファイアウォールOS「pfSense 2.4.0-RELEASE」をリリースした。
デスクトップ ニュース オープンソース ネットワーク 末岡洋子
関連記事

「Rust 1.21」リリース

 Mozillaが開発するプログラミング言語「Rust」の開発チームは10月12日、最新版となる「Rust 1.21」を公開した。
ニュース オープンソース デベロッパー プログラミング 開発ツール 末岡洋子
関連記事

「KDE Plasma 5.11」リリース、ドキュメント暗号化「Vault」が加わる

 KDE Communityは10月10日、デスクトップ環境「KDE Plasma 5.11」を公開した。設定アプリを再設計したほか、新たなセキュリティ機能「Plasma Vault」も加わった。
デスクトップ ニュース オープンソース デベロッパー KDE 末岡洋子
関連記事

スラド

WD、マイクロ波アシスト磁気記録方式のHDDのデモを発表。2025年までに容量40TB超を実現へ

「マイクロ波アシスト磁気記録(Microwave Assisted Magnetic Recording、MAMR)」方式を採用するHDDの実用化が近いようだ。米Western Digital(WD)が10月11日、米国で世界初のMAMR方式HDDのデモを行った(PC Watch)。 MAMRは「スピントルクオシレータ(Spin Torque Oscilator、STO)」と呼ばれる技術を使ってマイクロ波フィールドを発生させることで磁気記録の信頼性を高めるというもの(Storage Review.com)。これによって1平方インチあたり4Tビットという高い記録密度を達成できるという。 WDはMAMRによって2025年までに容量40TB以上のHDDを実現できると見ているそうで、まずは2018年中にMAMR方式を採用したHDDをサンプル出荷し、2019年には製品化するとのこと。

すべて読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ストレージ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
HGSTが容量14TBの3.5インチHDDを発表、ただし使用にはソフト側のサポートが必須 2017年10月06日
HGST、容量12TBの3.5インチHDDを発表 2016年12月09日
8TBのハードディスクの信頼性は十分という話 2016年08月04日
TDK が熱アシスト方式による HDD の容量倍増技術を実用化へ 2011年08月30日

Google、再生可能エネルギーのみでの運営を100%達成

あるAnonymous Coward 曰く、Googleは昨年、2017年末には同社が世界で消費している電力を100%再生可能エネルギーで賄える見込みだと発表していた。これはデータセンターで使用する電力だけでなく、オフィス施設なども含む。Googleは「他社が追随可能な新しいエネルギー購入モデル」を構築し、「クリーンエネルギーの世界的な普及を促進する助けとなった」と2017年の環境報告書で発表している。 Googleは2015年の段階でサンフランシスコと同等のエネルギー消費を行っている。こうした活動の成功は宣伝効果に加えて、より大きな使命の実現にも繋がるとしている。再生可能エネルギーでの運営という目標に加え、Googleは廃棄物をゼロにするというエミッション達成にも取り組んでいる。すでに14あるデータセンターの半数がこの目標に達しているとしている(INVERSE INNOVATION、Slashdot)。

すべて読む | ハードウェアセクション | Google | 電力 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Amazon、米テキサスで大型の風力発電所「Amazon Wind Farm Texas」を建設 2016年09月30日
Googleがグリーンエネルギー計画失敗から学んだ教訓 2014年11月25日
グリーンピース曰く、インターネットは CO2 排出量が多すぎる 2011年04月27日
環境省、国内の自然エネルギー発電のポテンシャル分布図を発表 2011年04月22日

北米最大の火山地帯であるイエローストーン火山、過去の噴火時の前兆期間は数十年と短かった

あるAnonymous Coward 曰く、北米大陸最大の火山地帯である米イエローストーン国立公園地区で火山灰の残骸に含まれていた微量の結晶を分析した結果、火山の兆候が現れた場合、そこから数十年という短い時間で噴火が発生する可能性があるという研究結果が発表された(The New York Times、Slashdot)。 イエローストーン地域の火山が最後に噴火したのは約63万1000年に発生したとされているが、アリゾナ州立大学の大学院生Hannah Shamloo氏らが結晶を分析した結果、その組成に温度の急激な上昇に伴う変化があったことが分かった。 これまでイエローストーンの噴火は何千年もの間に徐々にその兆候が表れると考えられてきた。しかし、この結果から火山の地下に新鮮なマグマが供給された場合、数十年というごく短時間で超大破壊が起こったことを意味する可能性があるという。なお、イエローストーンでは、最近多数の地震が観測されている(ハザードラボ)。そのため、噴火や大地震などが起こるのではないかと危惧する人々も現れているが、現在噴火に繋がるような兆候は観察されていないという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
小笠原の西之島、再び噴火 2017年04月24日
御嶽山噴火で遺族が国と県を提訴 2017年01月19日
桜島の地下にマグマが蓄積、数十年以内に大規模噴火する可能性があるという研究結果 2016年11月07日
熊本県でマグニチュード7.3、震度6強の「本震」が発生 2016年04月16日

PCにおいて2020年代には不揮発性メモリとDRAMの混載が主流になる?

現在多くのPCで使われているDRAMを使ったDIMMタイプのメモリモジュールは2020年台前半には主流ではなくなり、代わりにDRAMと不揮発性メモリを組み合わせたメモリモジュールが一般的になるのではないかという話がPC Watchで紹介されている。 DRAMと不揮発性メモリを組み合わせたメモリは「NVDIMM」と呼ばれ、電源供給が止まっても記憶していたデータが消滅しないのが特徴。これは、電源供給が停止した際にDRAM内のデータを不揮発性メモリにコピーすることで実現しているという。不揮発性メモリとしてNANDフラッシュメモリを使用したDDR4メモリと互換性がある「NVDIMM-N」というタイプのものについてはすでに標準化がされており、WindowsやLinuxでサポートが始まっているという。 さらに、今後は不揮発性メモリ部分についてもDRAMのように利用する「NVDIMM-P」と呼ばれるタイプのNVDIMMの登場も予想されるという。ただ、DRAMと不揮発性メモリではメモリアクセスの遅延時間が大幅に異なるため、アクセスの際に工夫が必要になるなどの課題もあるという。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
東芝が48層構造を持つメモリ半導体「3次元フラッシュメモリ」を開発 2015年08月08日
ミドルウェアの変更だけでSSDの書き込み速度を大幅に向上させる技術 2014年05月26日
サムスン、「世界最速」の組み込み向けフラッシュメモリを開発 2013年07月31日
エルピーダ、新たな不揮発性メモリ「ReRAM」の開発に成功 2012年01月26日

九州の揚水発電、太陽光発電の普及により昼間の余剰電力を使ったくみ上げが増加

水力発電の一種に、電力が余っているときにその電力で水を高地にくみ上げ、必要時にその水を放水して水車を回し発電する揚水発電がある。今までは夜間に電力が余ることが多かったため、揚水発電では夜間にくみ上げを行うことが一般的だったが、最近の太陽光発電の普及によって九州では昼間に電力が余ることが発生、そのため昼間にくみ上げを行うことが増えたそうだ(朝日新聞)。 2015年に昼夜のくみ上げ回数が逆転、2016年には昼間のくみ上げが7割を占めたという。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
東京電力、水力で発電した電気のみを販売する料金プランを受付開始 2017年06月02日
九州全域で照明がちらつく「電圧フリッカ」発生、太陽光発電設備の普及が原因 2017年05月08日
東京電力、14日から輪番停電実施、最低でも1週間 2011年03月13日

最新リリース

SharkLinux - SharkLinux 4.10.0-38 / sharklinux

SharkLinux is a virtual env focused OS & Desktop environment that is 100% cloud compatible serving the GUI over pre-installed VNC server. The distro uses Xenial LTS as the base and features MATE as the default desktop. Also featured is the use of ...

magic3 - 2.21.4 / Magic3

先進的なプログラミングレスCMS

Magic3はWebポータルサイトを運営するプラットフォームとして、CMS(コンテンツ管理)機能から始まって、Eコマース、ブログ、BBS、Wiki、フォトギャラリー、カレンダーなどマルチな機能を持つクラウドコンピューティングプラットフォームへと進化しました。
プログラム知識を必要としないシステムなので、プログラム知識ゼロのユーザでも自由自在にサイトを構築、運用することが出来ます。
ウィジェットと呼ぶコンポーネント部品をマウス操作で画面に配置するだけで、Webサイトに必要な機能を追加していくことができます。
デザインテンプレートはJoomlaとWordPress互換。JoomlaやWordPressの数千種以上のデザインがそのまま利用できます。
PC用サイトに加え、これから重要なスマートフォン用サイトや携帯用サイトの構築もでき、それぞれの機器に最適化したサイトが同時運用できます。
公式サイト: http://www.magic3.org
操作デモ(動画):https://www.youtube.com/watch?v=pKLgzdc8F34
使い方:http://doc.magic3.org/index.php?%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB

samba-ja-docs-44 - 4.4.16-1 / Samba翻訳プロジェクト

Samba附属のドキュメントの翻訳を行う プロジェクトです。現在はSamba4.7系列の翻訳を主に行っています。

conv-check - latest-release / conv-check

複数の線形制約条件から内点を取得するプログラムです。当たり判定や、最適値の条件が比較的ゆるい線形計画法などで利用できます。このソフトウェアはそれぞれの変数の上限と下限が判明している場合に関して良い結果を返します。 このソフトウェアの開発は現在休止しています。

exewrap-jetty - version 9.4.7 / exewrap

exewrapは実行可能JARファイルからEXEファイルを生成するツールです。Windows環境でJavaアプリケーションをより簡単に起動できるようにします。

  ■ exewrap Webページ  ■ jetty.exe Webページ  ■ solr.exe Webページ

dictation-kit - 4.4.2.1 / Julius

Julius は音声認識システムの開発・研究のためのオープンソースの高性能な汎用大語彙連続音声認識エンジンです。数万語彙の連続音声認識を一般のPC上でほぼ実時間で実行でき,認識率は90%以上です。言語モデル・音響モデルを任意に入れ替えられ,高い汎用性を持ちます.

DHCPadmin - DHCPadmin-2.03.tar.gz / DHCPadmin

DHCPadminは、DHCPサーバ(ISC DHCP)の管理、運用を行うためのWebアプリケーションです。

puts-cc - 0.08-stable4 / puts-cc

中程度のテキスト群から目次と元記事へのリンクを作成することが当面の目的です。

Notepad++ JS - npp-7.5.1.1-js-171016-1700 / L2J-SFJP

大人気オンラインゲーム「L2J」のサーバとデータの日本語版です。

3D-AIR-IMAGE - 3D-AIR-IMAGE PREVIEW 0062 / Atomic Resolution Holography Analysis Tools (Photoelectron holography and X-ray fluorescence holography)

浮動小数点型画像処理ソフトの開発を核にして、光電子ホログラフィー、オージェ電子ホログラフィー、逆光電子ホログラフィー、蛍光X線ホログラフィーのシミュレーション、原子配列の再構成をはじめ、測定データの編集などを行えるツール群を製作しています。研究の為のソフトウエアであり、利用するには、光電子ホログラフィー、オージェ電子ホログラフィー、逆光電子ホログラフィー、蛍光X線ホログラフィーに関する専門知識が必要になります。